似顔絵を結婚式に使おう!似顔絵ウェルカムボードや贈呈品など知っておきたい情報をご紹介

当サイトでは似顔絵を結婚式に使いたいたい人にお勧めの情報をご紹介しています。
新郎新婦のイラスト入りウェルカムボードや贈呈品など、知っておきたい内容を網羅しているのでぜひ参考にしてみてください。
挙式や披露宴などのときに使う場合のオーダーのコツも解説しています。
素敵なイラストを活用して式に彩りを添えましょう。
さらにウェディング向きの納得のショップの選び方も解説しています。
店選びに迷う場合にはきっと役立つはずです。

似顔絵を結婚式に使おう!似顔絵ウェルカムボードや贈呈品など知っておきたい情報をご紹介

似顔絵を結婚式に使う場合に役立つ情報を押さえておきたいという人は多いのではないでしょうか。
結婚式では新郎新婦の似顔絵を、ウェルカムスペースや高砂に飾ったりすることが多いです。
そして式の終わりにはその似顔絵を両親へのプレゼントとして贈呈することもあります。
定番の似顔絵はタキシードとウェディングドレスや和装姿の新郎新婦です。
結婚式後にも残しておくことを考えると、A3サイズ以下で作成すると保管しやすいと考えられます。

似顔絵を使った結婚式のウェルカムボードのメリット

結婚式のウエルカムボードで新郎新婦の似顔絵を見たらどんな気分になるでしょう。
笑顔の二人を見ていておもてなしの気持ちを感じます。
似顔絵にすることで写真よりも柔らかいタッチや色遣いによってほのぼのとした気持ちになりますし、ウエルカムスペースの雰囲気の華やかさを増すことができます。
だからこそ一緒に写真を撮るゲストもたくさんいて楽しむことができます。
新郎新婦二人の自分たちらしさを表現するのに、特別なアイテムになるものです。
また、式の後でもインテリアとして新居に飾っていて、来客と結婚式の話題で盛り上がったりするなど思い出の品として残すことができます。
ウェルカムボードは、何よりもゲストを歓迎して楽しんでもらうための存在です。
しかも新郎新婦二人の幸せ感のアピールにもつながりますから、それだけゲストの方々の記憶にも強く残るわけです。
準備することは費用のことや時間のことで手間がかかることかもしれませんが、メリットも大きいです。

似顔絵で結婚式の両親への贈呈品を作る方法

恋人同士で交際が深まっていくと、結婚を意識するタイミングがくると考えられます。
結婚をするときは基本的に、結婚式をあげることになりますから、そのときに多くの人達から祝福されるはずです。
結婚式ではゲストを呼ぶのが普通ですが、新郎新婦の両親を呼ぶようなケースも珍しくありません。
新郎新婦の両親に対して贈呈品を用意することも多いですが、その時に似顔絵を用意すると効率的に両親に喜んでもらえるかもしれないです。
基本的にこの時の似顔絵としては両親が二人で描かれているような状態にすると、素敵になるかもしれません。
新郎新婦がお互いの両親に似顔絵を渡すことによって、素敵な結婚式にすることが可能です。
そのときに感謝の言葉などもメッセージとして書いておくと、さらに喜んでくれるのかもしれません。
メッセージなどは親子にしか分からないようなセリフなどを入れても面白いかもしれないので、実際に贈呈品で似顔絵を依頼するときに伝えておくと安心です。

似顔絵は結婚式の二次会でも使い道がある

恋人同士で結婚を決意すると、結婚式を行うことになります。
新郎新婦で自由に結婚式のスタイルを決めていくことができますから、安心して素敵な結婚をすることが可能です。
結婚式では新郎新婦の祝福をするために、いろいろなことをすることになりますが、何をするのかは各自で決めることができます。
途中で似顔絵をプレゼントするような時間が用意されることもありますが、事前に誰かが注文しておかないといけないです。
専門の業者が存在するので簡単に注文することができますから、素敵な似顔絵を結婚式でプレゼントするのは難しくありません。
二次会でも似顔絵は有効活用することができますから、積極的に用意をすることで素敵な思い出を作ることができるはずです。
二次会での活用方法としては友人達に似顔絵を見てもらうことで、どの部分が似ているのか一緒に確認していくようなことができます。
一緒に絵を見ることで幸せな気持ちになりますから、自然と皆が笑顔になっていく可能性が高いです。

似顔絵で結婚式に引出物を作る時のポイント

新郎新婦の写真や似顔絵入りの食器類を贈られたとしても、ゲストは困ってしまいます。
他人の顔が入ったお皿などでご飯を食べようとも思わないです。
インテリアとしてもらっても、芸能人でもない二人の顔を飾ることも部屋の雰囲気に合わず、使うことができません。
使わないから処分したいけれど、人の顔が入ってるからこそ割って処分するのもためらってしまうし、売りに出すこともできないということになってしまいます。
そのため、引出物には不向きです。
ただし、すべてのものでダメなのかと言うわけではありません。
トイレットペーパーなどの消耗品やお菓子などであれば使ったり食べたりしやすく、受け取っても困るものではありません。
これらのものに似顔絵が入っていると手にしたときに二人の個性も伝わり喜ばれるギフトになります。
似顔絵のものを渡したいと思うなら、相手がもらって困らないか自分たちでよく考えるのと同時に、周りの人にも意見を聞いてみましょう。

著者:上原繁治

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
昨年挙式し、趣味を活かして似顔絵のウェルカムボードを作成。
自分の体験を基に、結婚式で似顔絵を使うことについて記事をまとめました。
結婚式で似顔絵を